拝受 シルクロード 文字を辿って2009/08/04 20:06

京都国立博物館(編)『シルクロード 文字を辿って-ロシア探検隊収集の文物』、京都国立博物館、2009年。

 現在、京都国立博物館で開催されているロシア科学アカデミー東洋写本研究所のコレクションによる展覧会の図録。 編集・解説に携わった高田時雄先生からいただいた。ありがとうございました。
 展示品はすべてカラー写真で掲載されている。敦煌文献には漢文文献のみならず、多くの胡語文献が含まれており、展示品はそうした文化的多様性を反映した選択がされているようである。
 また敦煌文献ではないが、同研究所のコレクションである西夏文字で書かれた文献資料も多数収録されている。今回の展示は内陸アジアの古代中世の言語に興味のある人にも得難い機会であろう。

以下、一部抜粋。
「敦煌を中心とした西域出土の文献類は、全世界に5万点余もあるといわれており、中でも中国・イギリス・フランス・ロシアに所蔵されるものが、世界四大コレクションとよばれている」
「サンクトペテルブルクのロシア科学アカデミー東洋写本研究所に保管されている敦煌遺書類の中核は1914-1915年のオルデンブルクの第2次トルキスタン調査団によって収集されたもの」

http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/090714/tokubetsu.html
一度ロシアで展示されたものが大半のようだが、日本では京都以外に展示される予定がないので要注意である。

拝受 足利学校(図録)2009/08/05 23:18

『足利学校-日本最古の学校・学びの心とその流れ』(展覧会図録)、足利市教育委員会、2004年。

2004年に展覧会が行われた際に作成された図録。
某先生より譲っていただいた。その創立説から現代にまで至る歴史が、多くの史資料によってあとづけられている。漢籍が中心になるだけに派手さはないが珍しい書影も多くかなり奥の深い内容である。展示解説以外に次の5編が含まれている。

長澤孝三、足利学校の書籍
倉澤昭壽、足利学校略史
倉澤昭壽、閑室元佶小伝
須永美知夫、年筮を読む
江尻潔、足利学校における渡辺崋山と『毛武游記』

8/7
少し前に以下の本を購入した。

長澤規矩也・長澤孝三(編)『新編 史跡足利学校所蔵古籍古書分類目録』汲古書院、2009年。

新収 景教遺珍 ほか2009/08/07 21:40

葛承雍(主編)『景教遺珍』文物出版社、2009年5月。
謝耀徳(著)『道教風水理論與実践ー黄帝宅経探究』新文豊、2009年3月。
何丙郁・何冠彪(著)『敦煌残雲気書研究』、藝文印書館、1985年12月。
中川孝(著)『六祖壇経ー禅の語録4』筑摩書房、1976年2月。

新書と古書2冊ずつ購入。

新収 東方学・第118輯、史学雑誌・第118編7号2009/08/10 19:25

『東方学』第118輯、東方学会。

 齊藤茂雄、唐代単于都護府考ーその所在地と成立背景について
 池田温、王永興教授追悼文

『史学雑誌』第118編7号、史学会。

 油井大三郎、歴史的思考能力をどう育てるか
 廣瀬憲雄、唐後半期から北宋の外交儀礼-「対」の制度と関連して

新収 敦煌民間結社研究2009/08/18 20:37

孟憲実(著)『敦煌民間結社研究』北京大学出版社、2009年4月。

敦煌文献の社文書をもちいたさまざまな民間結社の研究書。
 この分野の初学者にも理解しやすい構成であるだけでなく、著者の視点も明瞭。付録には研究史や史料の一覧があり、便利。

第一編 結構功能研究篇
 第1章 敦煌民間結社的組織結構
 第2章 敦煌民間結社的功能
 第3章 唐朝政府的民間結社政策
 第4章 敦煌民間結社的分布
 第5章 民間結社与社会秩序
 第6章 民間結社与仏教寺院的関系

第二編 文本研究篇
 第7章 社条
 第8章 社条文様
 第9章 社状社牒
 第10章 転帖
 第11章 帳歴

第三編 類型研究篇
 第12章 成熟的敦煌民間結社
 第13章 唐宋時期敦煌的官人結社
 第14章 婦女結社
 第15章 渠人社
 第16章 親情社与兄弟社

附論 唐代西域的民間結社
附録一 両部重要的敦煌結社資料匯編
附録二 郝春文《中古時期社邑研究》
附録三 敦煌民間結社研究論著目録
附録四 敦煌民間結社文献資料索引

新収 晋書・『八書』・『二史』研究2009/08/18 20:52

周文玖(主編)『晋書・『八書』・『二史』研究』、中国大百科全書出版社、2009年1月。

『20世紀二十四史研究叢書』の一冊。
この巻は第六巻、魏晋南北朝期の史書を主題とした論文集になっている。採録されているものは1901年から2000年の中国の学者によって発表されたもの。巻末に各史書毎に主要な資料、参考文献が付されている。

新収 敦煌吐魯番学研究論集2009/08/19 20:03

北京図書館敦煌吐魯番学資料中心・台北『南海』雑誌社(合編)『敦煌吐魯番学研究論集』、書目文献出版社、1996年。

 少し前の話だが、たまたま古書店でみかけて購入した。少し古いが、特に入手が難しいモノではないもののようである。すでに自分は持っているのではないかとおもったが、そうではなかったようだ。
 著名な研究者の論文をふくむ41点が収録されている。中国の研究者以外のものは少ないがロシアの研究者によるものや、俄蔵文献に言及するものがある。日本所蔵文献に関係する論文も含まれている。

新収 周縁から見た中世日本2009/08/19 20:43

大石直正・高良倉吉・高橋公明(著)『周縁から見た中世日本』、講談社学術文庫、2009年8月。

2001年に刊行された同名書の文庫化。
「周縁」部を3つにわけ、第一部列島東北部、第二部南西諸島、第三部海域の構成となっている。

新収 高僧伝(一)2009/08/19 22:07

慧皎(著)吉川忠夫・船山徹(訳)『高僧伝(一)』(岩波文庫)、岩波書店、2009年8月。

中国仏教史の基本史料であるだけでなく、晋~五胡南朝期の歴史研究においても欠かせない史料。現代日本語訳と注釈を収録。全四冊のうちの第一冊。

新収 英蔵敦煌社会歴史文献釈録2009/08/20 23:38

郝春文・趙貞(編著)『英蔵敦煌社会歴史文献釈録』第六巻、社会科学文献出版社、2009年6月。

全部で30巻の予定らしい。第六巻はS.1381~S.1457の世俗文書(仏教経典以外)を収録する。テキスト校訂がなされているだけでなくその文書に対してどのような研究があったのか文献目録が付される。