新収 海域アジア史研究入門2008/04/02 19:55

桃木至郎(編)『海域アジア史研究入門』、岩波書店、2008年3月。

 海上交通の重要性が高まった9世紀以降の内容を扱う。執筆者32名。名古屋大学出版会の『中国歴史研究入門』に似た雰囲気。
この分野のバイブルになっていくものと思われる。
 ただ、その中国歴史研究入門はとくにそうだが、なぜ書名や史料から引ける索引がないのか、不思議に思う。

桂堂徒然様がこのブログを引用して、索引にまつわる事情を書かれている(4月7日追記。以下一部引用)。

 間接的言及の形ではあるが、本書に索引がないことについて触れられている。勝手にお答えすると、出版社での企画承認段階でだいたいのページ数(300頁だったかな)と価格が決まったのですが、
(以下はトラックバックをご覧ください)

コメント

トラックバック

_ 桂堂徒然 - 2008/04/06 21:42

海域アジア史研究入門桃木 至朗 岩波書店 2008-03by G-Tools

やっと出ました、『海域アジア史研究入門』。私も編集委員の一人として関わらせて頂�...